マツダのロードスターが誕生して20年なんですね

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

久しぶりにクルマの話題。
といってもカースタイリングやデザインとは関係ない話題で申し訳ない…

先日、ロードスターの生誕20周年を記念したイベントがありました。


【MAZDA】ギャラリー|ロードスター物語

マツダ「ロードスター」20歳の門出、2600人が祝福 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

マツダの2人乗り小型オープンスポーツカー「ロードスター」の生産20周年を記念して広島県三次市の同社三次自動車試験場で20日に開かれた、「ロードスター20周年ミーティング」には全国や海外から約2600人のオーナーらが集まった。

このようなオープン2シーター・スポーツというちょっと特別なクルマが20年も生産されていることがうれしい。
ロードスターが誕生したときの世界に与えたインパクトは大きかったですよね。
それ以降、どれだけのオープン2シーターが世界の自動車メーカーから発売されたことか…

実は、初代のロードスターに乗っていた時期があるんですよね。
乗っていたといっても私のクルマではなく、知り合いから数ヶ月間預かっていたクルマです。
保管場所がないということで、一時的に預かっていました。
知り合い曰く「置きっぱなしもクルマによくないので、適当に走ってくれた方がありがたい。」ということだったので、ちょこちょこ乗ってました。
いや〜、軽快なクルマでしたね。
初代ロードスターといっても左ハンドルの “MX-5 Miata(ミアータ)” だったので、右手でのシフト操作(5MT)になかなか慣れなくて、スポーツ走行まではできませんでしたがホント楽しいクルマでした。
まぁ、シフト操作は慣れの問題なんですが、預かっているクルマだし、たまにしか乗らないので慣れないのは当たり前ですよね。
GT-R のような圧倒的な馬力やトルクがあったわけでもなかったですが、それでも十分乗っていて楽しいクルマだったことをよく覚えています。
これぞライトウェイトスポーツカーだという感じでした。

それと夜間、運転しているクルマの後ろにロードスターがくるとちょっと不思議な感じになったことを覚えています。
何のクルマかわからない :)
丸型二灯式のリトラクタブルヘッドライトの影響だと思いますが、『ポルシェでもない。ロータスエランでもない。国産車か欧州車かもわからない。』とルームミラーを見ながら思ったもんです。
セリカなど他の車種にもリトラクタブルヘッドライトを採用していたクルマはありましたが、ロードスターほど違和感を抱きませんでした。
それほど、ロードスターというのは当時でも珍しいスタイリングをしていたのかも知れませんね。

最近のロードスターには乗ったことがありませんが、排気量が増えて初代のような軽快感はなくなってしまったのだろうか?
それとも、排気量が2000ccだろうが、重量が初代と比べて約200kg 弱増えようが、軽快感は損なわれていないのだろうか?

数日前に家の近所でロータスエランを見かけました。
やはり小さい。
小さい = ライトウェイトスポーツカーではないと思いますが、エランを見ると現在のロードスターがすごく大きく見えます。
エランが生産されていた時代とは違うのはわかっているのですが、”もう一度、1500ccほどで全長が4m以内のライトウェイトスポーツカーを生産してくれないかなぁ” と思ってしまいます。

数年前、知り合いにお会いしたときにはまだロードスターに乗っていましたが、今でも乗っているのかなぁ…
そういえば、その知り合いの方というのは、私が Mac で仕事をするきっかけになった人なんですよね。
私の Mac のお師匠さんです。
1988年〜1989年当時、確か PC98 だったと思いますが、”花子” でお絵描きをして遊んでいました。
まだ、Windows 3.0(3.1)がリリースされる前の話です。
その頃に知り合いの持っていた Mac の Adobe Illustrator や Aldus FreeHand を見て目から鱗が落ちました。
そのときの感情をひと言で言えば『なんじゃ、こりゃ〜!』です :D
すぐに使わせてもらい『これこれ。コンピュータを使ってやりたかったことはこれだぁ。』と思った記憶があります。
その後、Adobe Photoshop がリリースされると、もう止まりませんでしたね :-)
まぁ、当時 Photoshop はまだまだ実用的ではなかったような気もしますが…
それと “MacroMind Director(MacroMindVideoWorks)”。
現在の Adobe Director です。
今では影が薄いですが、このソフトも私が Mac で仕事をするきっかけのアプリケーションでした。

それまでも Apple II や Macintosh(128K)を知らないわけではなかったのですが、そのときの印象はやはり強烈でしたね。
それから数年後に仕事で Mac を使うようになったので、私の Mac での仕事歴もそろそろ20年ということになるんですね。
早いなぁ〜…

最後にロードスターの話題でデザインに関係することをひとつ。
あまり知られていないかも知れませんが、ロードスターのリアコンビネーションランプが MoMA(ニューヨーク近代美術館 )に永久収蔵されているんですよね。
“Date” の1983というのがよくわかりませんが…

最近のマツダのデザインって特に綺麗だと思うんだけどなぁ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。