日産スカイライン

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

日産のスカイラインが発表されました。
エンジンや4輪アクティブステアなど機能的なことはおいといて、スタイリングについての感想を言わせてもらうと、まず思ったのは “悪くはないんだけど、野暮ったい” という印象。
ヘッドランプ、テールランプやボンネット、フロントフェンダーなど、個々のディテールはよくできていると思います。
アングルによってはボリューム感があるスタイルに見えるし、サイドのフォルムはけっこう好きです。
スカイライン スペシャルサイトのローアングルから狙った写真もカッコいいと思います。
でも部分的なデザインは好きなところもあるのに、全体のフォルムは野暮ったく見えてしまう。
また、好きだと言ったサイドのフォルムでもリアバンパーは、”おむつ” をしているように見えて好きになれない。
サイドのキャラクターラインがリアバンパーに向かって下がっているのが、好きになれない原因なのかも知れないですね。
何故、ラインをそのままテールレンズにもっていかなかったのだろう?

私のような年代には、”スカイラインはちょっと特別な存在” といえるかも知れない。
別に代々のスカイラインがすべて好きだというわけではなく、なんとなくなんですけどね。
KGC10、いわゆる “箱スカ” に乗っていたので、そう思うのかも知れない。
型式に詳しい方はわかると思いますが、2ドアの箱スカです。
でも、残念ながら “GT-R” や “GT-X” ではなく “GT” なんですけどね。
“GT-R” なら絶対に、 “GT-X” ならもしかしたら今でも乗っているかも知れません。
そういうこともあって、スカイラインに対して厳しい見方をしてしまうのだろうか。
それに新型スカイラインのコンセプトは、まさしく私の年代をターゲットにしているみたいですよね。
ならば、別にノスタルジックな感傷に浸るつもりはありませんが、もっと “箱スカ”、”ケンメリ” を連想させるテイストが欲しかったですね。

今回発表になったのは、4ドアだけなんですよね。
サイトを見ると2ドアは別サイトになっていて、スタイルも変わっていませんね。
もしかすると2ドアはこのまま “GT-R” が発表されるまで、モデルチェンジはしないのかなぁ。
そうだとしたらそのときこそ、以前のスカイラインのテイストを取り入れて欲しいです。
別にサーフィンラインや昔の筆記体風ロゴを復活して欲しいと言っているのではない。
まぁ、ロゴが復活すればそれはそれでうれしいかも知れませんけどね。

それとデザインの話題とは離れますが、”リカちゃん” こと香山リカさんが広報としてトミーから派遣されているんですね。
その他にも色々と企画があるみたいで、これからが楽しみですね。
そういえば、グループ5のレーシングカー “スカイライン スーパーシルエット” のスポンサーも確かトミーでしたよね。
いや〜、懐かしい話ですがわかる人ってどれくらいいてるのだろう…..

話がそれましたが新型スカイラインのデザインは、ボリューム感もあるし各パーツも良くできていると思うので、個人的には好きです。
ただ、キャラクターラインやリアバンパーなどのせいなのか、全体が野暮ったく見えるのが残念です。
でも、スカイラインかと言われると『ん?どうかなぁ?』という感じかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。