SUBARU : New IMPREZA WRX

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

アンドレアス・ザパティナスが、スバルのデザイン・スタディとしてデザインした “スプレッドウイングスグリル” がインプレッサにも採用されたわけですが、今までの中で一番まとまっているかも。
R1R2 ともエクステリアデザインは大変好感が持てるのですが、「グリルだけはちょっと…..」と思っていたんですよね。
コンセプトカーの “B9 SCRAMBLER” の場合は車幅が広いので、グリル自体がさほど目立つことなくデザインされていたと思います。
でも、車幅の狭い R1R2 では無理があると思っていたので、今回のインプレッサでのグリルのまとめ方はちょっと意外でした。
ただ、ヘッドランプのデザインは個性がなくなりましたよね。
テールランプも相変わらずボテッとしてるし…..

フルモデルチェンジではなく、外国車によくあるような “ビッグマイナーチェンジ” なんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。