2006年度グッドデザイン大賞 三菱自動車 ” i “(Good Design Award)

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

先月25日に Good Design Award が発表され、2006年度グッドデザイン大賞に三菱自動車の新型軽自動車「 i (アイ)」が、選ばれました。

審査員のコメントに

GOOD DESIGN AWARD [ Winners 2006 ]

三菱自動車が発表したプレミアムスモールカー。その明快なプロポーションとやわらかいフォルムは、ともすれば表面的な装飾性に頼っていた既存車種のイメージを打ち破り、新生三菱を強く印象づける、ブランドデザインとしても成功している。

とありますが、確かにその通りだと思います。
i (アイ) ” がデビューしたときに、そのフォルムに「ん ? 今までとは違うな。」というのと「よくこのデザインで製品化できたなぁ。」というのが、第一印象でした。

とても優れたデザインだと思うのですが、ちょっと気になるところが…..

サイドウインドウとドアのラインが緩やかなアールを描いていますが、ココは直線でいいのではないかと思います。
というより、直線の方がより全体のまるいフォルムが強調されると思うのですが…..
ドアの中心にあるプレスラインも同じで、直線にすべきだったと思います。
私が見た ” i ” のスケッチでは、直線なんですけどねぇ。
あらためてスケッチを見てもやはり、直線の方が全体が締まって見える。

あと、もしダイムラー・クライスラーが三菱自動車からの撤退をもっと早くに決定していれば、また違ったデザインになっていたのではないかと思う。
ダイムラー・クライスラーの “スマート” と ” i ” のコンセプト・デザインが競合した場合、ダイムラー・クライスラーの対応がどうだったのか ?
ダイムラー・クライスラーのファミリー車としてデザインの共通性を持たせるのか、まったく別のデザインにしなければいけなかったのか ?
ただ、デザインの変更が必要だったということは、三菱自動車のサイトには書いてあります。
それが、どの程度の変更を余儀なくされたのかを知りたいですね。

いずれにしても、綺麗なフォルムをしているクルマだと思います。

ちなみに “三菱自動車 i (アイ)” というスペシャルサイトもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。