BMW Group の DesignworksUSA がデザインしたエスプレッソマシン

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

Starbucks® Sirena™ Espresso Machine
photo : Starbucks® Sirena™ Espresso Machine

欲しいけどなかなか買う決心がつかない電化製品のひとつにエスプレッソマシンがあります。
今までも何度か買おうと思ったこともあるのですが、結局いまだに買っていません。
日本で買えるエスプレッソマシンでは、DelonghiSaeko などが有名ですが、最近のデザインがあまり好きじゃない。
ヨーロッパにはデザインの素敵なエスプレッソマシンがありますが、今回発売されたスターバックス用のエスプレッソマシンはデザインが綺麗で購買意欲をかき立てられます。
デザインコンセプトは “アメリカン・アールデコ” のようで、レトロ調とまではいかないけど、懐かしい感じのするデザインだと思います。(ジィ〜っと見つめていると機動戦士ガンダムのドムを思い出す :D

実は、昨年11月だったか12月に発表があって、そのときは “スターバックスのアメリカ店舗専用で製品の販売予定もない” という記事を読んだので、あまり気にとめなかったんですよね。
まぁ、デザインが素敵なので『いいなぁ〜』という感想くらいで、スターバックスのサイトを見ることもなかったのですが、今回何気なく見てみたらなんと販売してるじゃないですか :-)
アメリカの Amazon でアカウントを取ってないので、実際に日本から買えるのかは試していませんが、買えるのであれば欲しいですね。
金額も $599.99が $499.99になってるし、お買い得かも知れないなぁ。(輸入雑貨のネット販売しているショップが、11万円くらいで売っていましたが…)

以前読んだ記事では業務用(スターバックス店舗用?)とありましたが、業務用には見えない。
ただ、大きさは家庭用としてはかなり大きく感じるかも知れないです。
Delonghi の製品と比べてもひとまわりからふたまわりほど大きい。
マニュアルを見ると本体の前方と左右に20cm の空きが、本体上部には40cm の空きが必要とありますので、かなりスペースをとりますね。
ポンプ圧(気圧)も15 bar あり、パウダーとポッドの両方に対応しているのはありがたい。
ただし、ポッドの場合はシングルになるようです。(英語ではパウダーという表現ではなく “ground coffee” なんですね。粉ではなく挽いたコーヒーということなので、思わず納得。)
見たところ使い勝手は他のエスプレッソマシンとあまりかわらないような感じを受けます。

それにしても日本でも売って欲しいです。
アメリカの Amazon から直接買えるかも知れませんけど、やはり実物を見てみたいですからね。

そうそう、これのデザインを担当した DesignworksUSA って BMW Group ですけど、Porsche Design みたいな位置づけなのかなぁ。
う〜ん、どうなんだろう?
今度時間があるときに調べることにしよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。