amadana の新製品

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

先月、amadana の新製品が発表されました。
amadana の Information“2008年2月より順次発売” とあったので、ちょっと見に行ってきました。

デオドラントスチーマー、マルチリモコン2、 イオン式サイレント空気清浄機など、発売されたのは知っていたけどまだ見たことがなかった製品を手にとったり、他にも発売されたのを知らなかった製品もあり、ウキウキ気分で店内を散策してました。

コタツや冷蔵庫などの大型電化製品も発売していたのは、全然知りませんでした。
でも、今回発表になった “デスクトップオーディオ2” や “スティック型電子計算機” などの新製品が全然見あたらない。
直営店じゃないのでまだなのかと思っていたのですが、帰ってから “アマダナ、春の新製品リリースラッシュ” を読むと発売は4月や5月の予定になっている。
それじゃ、置いていないはずですよね。

で、色々と amadana の製品を見る機会があったわけですが、ちょっと気づいたことが…

製品によって表面処理や質感を変えているのだと思うのですけど、気になったのが『ちょっと質感に差があるのでは?』と言うことです。
例えば、”オーブントースター” や “オーブンレンジ” の取っ手に使われている天然のウッドは質感がいいと思うのですが、”冷蔵庫(260L)” のウッドはあまり質感がいいとは思えない。
すべてのウッドが同じ素材じゃないといけないということではなく、何かしっくりこないんですよね。
“サラウンドセット” に使われているウッドもとてもいい具合に “木のぬくもり” を伝えている感じがします。
でも、冷蔵庫に使われているウッドはねぇ…

ウッドだけではなく他にも質感の違いに差がありすぎると思ったのが、“デオドラントスチーマー”“ヘアドライヤー”
もちろん用途は全然違いますが、手に持って使うということは共通です。
“デオドラントスチーマー” を持つとわかると思いますが手に吸い付くような感触です。
すごく手に馴染む気がします。
でも、”ヘアドライヤー” はそうじゃないんですよね。
材質もチープに感じる。
オプションで “コルセット” という名の天然の革でつくられたカバーを装着できますが、“デオドラントスチーマー” のような質感を本体、せめてハンドル部だけにでも施して欲しかったと思います。

もうひとつ思ったのが、色のこと。
“黒と白” という商品構成も多いようですけど、このふたつの色の差も大きいような気がします。
どの製品を見ても黒の方が高級感があるように見えて仕方がない。
両極端な色なのである程度仕方のないことだとは思いますが、質感などにもかなり影響していると思います。
個人的には “白モノ家電” から脱却してほしいので、あえて白色の製品をつくらなくてもいいのではと思ってしまいます。
でも、まだまだ “白色” の需要はあるんだろうなぁ…

最後に、コードレス電話機セット “コール・テリア” の子機について。
デザインは好きです。
でも、受話器が右側にあるので使いづらそうでした。
親機の受話器は左側なのに何故子機は右側なんでしょう?
自宅で使っている “MOTOROLA” の電話機みたいに、受話器を左右どちらにでも設置できるようになっていればいいのにね。
多少金額は高くなると思うけど、現状の定価とそんなに違わない気がするんだけどなぁ…

amadana ヘアドライヤー(ブラック) YD-126-BK

amadana ヘアドライヤー(ブラック) YD-126-BK

posted with amazlet at 08.03.03
アマダナ (amadana) (2007/07/01)
売り上げランキング: 8031

Amazon.co.jp で詳細を見る
おすすめ度の平均: 5.0
5 使いやすいしデザインも良い!

イオン式サイレント空気清浄機(ホワイト) PA-201-WH

イオン式サイレント空気清浄機(ホワイト) PA-201-WH

amazlet at 10.07.21
アマダナ (amadana)
売り上げランキング: 32911

Amazon.co.jp で詳細を見る
おすすめ度の平均: 4.0
3 タバコ」対策には、ちょっと無理。
5 見かけによらぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。