そろそろ、各ブラウザのバージョンアップが…

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

先週、“Internet Explorer 8” が、3月20日にリリースされるという記事が出ていました。

同じく先週、Firefox の次期バージョンが “Firefox 3.1(コードネーム:Shiretoko)”から Firefox 3.5に変更すると発表がありましたし、先月は、Safari 4 Bataがリリースされました。

昨年12月の、Google Chrome 正式版がリリースされてから各ブラウザがにわかに騒がしくなってきたみたい :-)
Bata 版のインストールはしていませんので、スクリーンショットだけの判断ですが、Google Chrome のタブを意識したようなデザインになっている気がする。
それにそれぞれ HTML の読み込みや JavaScript の実行速度がかなり向上しているようです。
特に JavaScript の実行速度については各ブラウザとも重要視しているような気がする。
まぁ、これだけ JavaScript が多用されるとそうなるのは必然ということでしょうか。
このサイトもかなり jQuery を使ってますけどね :D

シンプルな Google Chrome に対して、プラス Apple お得意の UI 搭載の Safari 4 Bata、オーソドックスな Firefox 3.5といったところでしょうか。
IE8は、よくわかりません :)

それにしても IE8の独自のテストのコメントが『なんだかなぁ〜』という感じなんですけど。

「Internet Explorer 8」のリリースは3月20日–マイクロソフト台湾法人が言及

Microsoftはホワイトペーパーで、実施した独自のテストについて詳述したうえで、IE8の成績が振るわなかったJavaScriptのテストよりも、「総合的なページロード時間」を見るほうが、より実際のブラウザパフォーマンスを測定できると主張している。
Microsoftは、テストの対象から、IE8のJavaScriptエンジンが試される、JavaScriptやAJAXを多用したサイトを省いている。

とっても言い訳っぽい気がするのですが…

Web の仕事に携わっているものとしては、HTML の読み込みや JavaScript の実行速度が早くなることも重要ですが、それよりも HTML や CSS の解釈を各ブラウザとも統一してほしい。
1mm の誤差なく同じ表示でなければいけないなんて全然思っていませんが、せめて基本的な部分だけでもねぇ。
そのうえで、独自の機能を搭載するのはかまわないですけどね。

Bata 版だけど Safari 4 Bata だけはインストールして使ってみたくなる。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。