ネットでサービスを提供することって…

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

NTT データが提供している無料ブログサービスの “Doblog” が、5月で終了するらしい。
まぁ、ネットのサービスが終了することに関しては取り立てて記事にすることもないと思うのですが、今回の “Doblog” についてはちょっとひどい気がします。

というのが、

「Doblog」5月に終了 障害で3カ月投稿不能、一部データ復旧できず

2月8日に障害が発生して以来投稿できない状態が続いていたNTTデータのブログサービス「Doblog」が、5月30日に終了する。

だそうです。

おそらく利用規約か何かには、『突然サービスが終了することもある』というような一文が書いてあるのでしょうけど、それにしてもねぇ…
3カ月も投稿ができないとか、データを復旧できない技術の無さを情けないと思いますが、それについてはとやかく言うつもりはありません。
それよりもこのようなトラブルがあったときこそ、ユーザーへの対応が問われるのでは?

Doblog

復旧作業の終了を受け、今後のDoblogについて検討した結果、Doblog開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了するという判断をいたしました。

なんという言い訳…

結局ユーザーのことなど考えていなかったということですか?
終了するならせめて、ユーザーの移転先(受け入れ先)を探すということをするべきなのでは?(はてなが引越しサポートを実施するようです。)
ユーザー数が約2000?3000ということらしいので、正直採算があわないのが本音でしょう。
魅力が無かったのか認知されていなかったのか、無料のコミュニティサービスのユーザー数としては、少なすぎますよね。

今更ですが、企業の体質が垣間見えた気がします…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。