Facebook ページをタイムラインに対応させました

この記事をフルスクリーンで見るフルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。

Facebook ページ・カバー写真

ご存知の方も多いと思いますが、3月30日に Facebook ページのデザインが一新されます。
要するに Facebook ページがタイムライン化するということ。
ということで、あと半月ほどで新デザインに変わってしまいますので、Facebook ページをタイムラインに対応させました。

Facebook ページがタイムライン化されることで、ウェルカムページがなくなるというツイートをよく見かけましたが、どうもこれは間違いみたい。
ウェルカムページがなくなるのではなく『デフォルトページ設定』がなくなるということのようです。
以前は、『権限の管理』から『デフォルトページ設定』で、ウェルカムページやデフォルトで表示させたいアプリなどを指定できましたが、それができなくなりました。
私は使っていませんが、ファンゲート機能も使えるようです。
つまり、Facebook ページを表示した時はタイムライン表示になりますが、Facebook 広告やメールマガジンからはウェルカムページに誘導することができるのではないでしょうか。
こちらも使っていませんが、Facebook に広告を掲載する時に Facebook 広告からのリンク先を指定できるみたいなので、ウェルカムページを表示させることはできそうですね。
ウェルカムページの制作をお仕事にされていた方はひと安心なのでは? :-)

で、実際に何をしたかというと、

  • カバー写真の制作
  • プロフィール写真の変更
  • アプリタブ画像の変更
  • ウェルカムページ等のアプリの横幅変更に合わせて、ページのデザイン・レイアウト変更
  • 過去の大事な出来事で設立日(開始日・開業日)を設定

特にタブ(カスタムタブ)は4つしか表示されませんし、そのうち『写真タブ』は移動もできないみたいなので、実質表示されるタブは3つです。
なので、何を表示させるかを考慮しないといけません。(右側の▼をクリックするとデフォルト以外のタブも表示します)
従来のサイド部分にあった小さなアイコンとテキストの表示からカバー写真の下に大きなアイコンで表示されるようになりましたので、『タブページ』を見てもらえる確率は以前よりも高くなった気がする…
また、『写真タブ』が移動できないということから Facebook は『カバー写真』などの画像を重要視しているということなのかも知れませんね。

あと、ウェルカムページなどアプリの横幅が変更になりましたので、デザイン・レイアウトを変更した方がいいのではないかと。
取りあえずは、従来の520px のままでもいいと思いますが、新デザインでは横幅が810px になりましたので、見栄えという意味ではかなり違うと思います。
もちろん見栄えだけでなく、約300px の横幅の違いはデザイン・レイアウトの変更によるテキストの読みやすさやコンテンツの充実にも繋がるのではないでしょうか。

企業の Facebook ページだとタイムラインを利用した『沿革』を制作すると、企業、および歴史をアピールするいい機会になるかも知れませんね。

ということで、Facebook ページをタイムライン化しましたので、よかったら見てくださいませ。

デザインワークス・オンサイド Facebook ページウェルカムページ

あとは、『トップに固定』や『ハイライト』を使ってページを作っていけばいいのかな :-D

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスクリーンモードを終了するには Esc キーを押してください。または、ココをクリックしてください。